ブログ

洗車をしたのにボディがザラザラ!鉄粉かも!予防策と除去の方法についてご紹介

iron-img

洗車をして、拭きあげた時にクロスが滑らずに水分が拭き取れない。。。
触ってみるとボディがザラザラしている事有りませんか?
塗装が剥がれてる訳でも無いし、砂埃が乗ってる訳でもないのに。。。

そのザラザラの原因が鉄粉なんです!!

鉄粉って何?

空気中には飛散した鉄の粉が含まれています。
鉄粉の発生源は、ブレーキダストや鉄道のレールの粉、工場のばい煙や鉄工所等、実に様々です。
また、雪道には金属チェーンから出る鉄粉が大量に含まれていて、車でその鉄粉の含まれている雪を巻き上げる事によってボディに付着します。

洗車したのになんで取れないの?

鉄粉がボディに刺さっている鉄粉は初めはボディ面に乗っただけの状態なのですが、時間の経過と共に酸化して錆びて(酸化鉄となり)塗装と結合してしまいます。

こうなってしまうと、ボディに食い込んで一体化してしまう為通常の洗車では取れません。

また、コーティングをしているからと言って全く洗車をしない方もいますが、鉄粉が酸化するとコーティング面から塗装面にまで侵食してしまいます。

鉄粉の酸化がひどい場合には、コーティングの有無に関わらずボディが錆びてしまうので最悪の場合は再塗装になる事も有ります。

鉄粉が付かない為の予防策はないの?

先ほどもご説明した通り、鉄粉は空気中に含まれている為完全に付着させない方法は有りません。(特殊な環境を除いては)

しかし、悪化させない為の予防策は有ります。

洗車をする

鉄粉が錆びる前に洗車をする事によって、ボディの上に乗っている鉄粉を落としてしまいましょう。

付着物系のダメージ全てに言えることですが、出来るだけ早く・軽度の状態で除去する事が大切です。

洗車の前には、必ず大量の水で付着物を流してから洗い作業に入って下さい。

洗いの際に付着物が残っていると、ボディとスポンジの間に付着物が挟まっていて擦ることによりボディに傷をつける原因となります。

コーティングをする

先ほどもご説明させて頂いた通りコーティングをしたからと言って全く洗車をしないで良い訳では有りませんが、洗車が頻繁に出来ない方にはコーティングをオススメします。

最近ではコーティングを施工すると「車が綺麗に輝く」などがメインとして宣伝されていますが、コーティングは元々塗装面の保護を目的として開発されました。

これは、コーティングが塗装の代わりにダメージを受ける事で塗装へのダメージを最小限に抑える(犠牲皮膜といいます)という事です。

コーティングをしていない車は、鉄粉が酸化すると直に塗装面にダメージを与えてしまいますが、コーティングをしている車の場合はコーティングが犠牲皮膜となるので塗装面にダメージを与えるまでの時間を稼ぐ事が出来、ダメージを最小限に抑える事が出来ます。

もちろん、その分コーティング層にダメージが入りますがこれはコーティング層をメンテナンスをする事により修復出来ます。

最悪の場合の塗装塗替えに比べて費用も安くなるので、あまり頻繁に洗車を出来ない方には塗装面の犠牲皮膜の為コーティング施工をオススメします。

鉄粉が洗車で取れなくなってしまった時の対処法

通常の洗車で取れなくなってしまった時の対処法は、大きく分けて2つあります。

鉄粉粘土で除去する

ボディに水をかけながら、専用の粘土をボディに滑らせる事で除去する方法です。
鉄粉が付いている面をボディに滑らせると傷をつけてしまうので、こまめに取れた鉄粉が付いた面を中に練り込んで綺麗な面を使う必要が有ります。

この方法が一番確実に鉄粉を除去出来るのですが、結構手間がかかります。

鉄粉除去剤(ケミカル)で除去する

専用のケミカルを使って、鉄粉を溶かして取る方法です。
一見吹き付けて洗い流すだけなので簡単そうなのですが、臭いがキツイや、一部の車は使うと変色が起こる可能性が有るなどのデメリットも有ります。
また、重度の鉄粉は一度で除去する事が出来ないので除去剤で鉄粉をとれやすくしてから、粘土で除去する場合も有ります。

まとめ

鉄粉は車に百害あって一利なしです。
除去したボディはツルツルスベスベです(笑)
コーティングをする前に鉄粉除去をする事によって、コーティングの定着が良くなり仕上がりもワンランクアップします。

気がついたら可能な限り早急に除去しましょう。
当店AlShineParkでも鉄粉除去のメニューをご用意していますので、ご自分で対処出来ない場合は是非ご相談下さい。

電話で相談はこちら
080-8819-0909


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

営業時間: 10時〜19時
080-8819-0909

おすすめ記事

  1. 撥水コーティング
  2. iron-img
  3. 耳なしクロス
  4. レクサスLS460スケール除去メンテナンス
  5. 雨の日の洗車