ブログ

ワコーズのRECS!エンジン大掃除で燃費改善、パワー回復

ワコーズのRECSについての効果や使い方を解説

皆さんこんにちは。シゲです。

今日は、先日お知らせしたワコーズの「フューエルワン」と相性抜群、同時施工でW効果の「RECS(レックス)」についてご紹介したいと思います。

目次

RECSとは

RECS

http://www.wako-chemical.co.jp/recs/

ワコーズ(株式会社 和光ケミカル)の「吸気系洗浄システム」で、「有害排出ガスの低減」「燃費の改善」「パワーの回復」に良いとされています。

どんな車も走行すればエンジンに汚れが溜まるものですが、この汚れは燃費の低下、エンジン音や加速や走り、エンジンの寿命に大きく影響してきます。
このRECSは、そんなエンジン内部の汚れだけではなく、吸気部分まで綺麗にクリーニングします。

施工方法

recs-step1

RECSは、専用のキットをスロットルバルブよりエンジン側のインテークマニホールド(負圧吸気部)に接続して、この様な点滴みたいな形で施工します。

RECSとインテークマニホールドの接続部分

この状態でエンジンをかけてアイドリングする事によって、RECSが注入されていきます。
100ccを10分かけてゆっくりと注入していきます。目安としてジムニーで約15分、カローラクラスで約30分程度です。

注入が全て終わったら、専用キットを外してレーシングをします。
レーシングする事によって、インテークマニホールドに溜まっていたRECSが燃焼室に入り白煙となって排出されます。

AlShineParkの軽自動車(マツダのLAPUTA 走行距離108,000km)のデモカーに施工した時、独特の臭いと共に「壊れたか!?」と思うほどの白煙!

白煙!!

白煙!!!

ワコーズの担当者から話は聞いていたので、ある程度覚悟していましたがここまでとは 笑

RECS施工後の白煙

あとは、白煙が出なくなるまでレーシングを行って完了です。

果たしてRECSの効果は?

中速域の伸びがよくなったかな〜っと。
正直分かりにくいですが。。。

そして、同時使用が推奨されている「フューエルワン」も投入しました。

まだ「RECS」と「フューエルワン」を施工して30km程の走行ですが、アクセルを踏んだ時のレスポンスがよくなったのと、燃費が平均2km伸びました!!

燃費は数字として出ますが、「レスポンスの改善」はあくまでも感覚の問題なので必ず全ての人が効果を体感出来るかは微妙なところですが、車を普通に使っていれば吸気系は必ず汚れるのでお車の大掃除という認識でやっておいて損は無いとかな?と思います。

RECSとフューエルワンはなぜ同時施工がオススメなの?

同時施工が推奨されている「RECS」と「フューエルワン」ですが、なぜ同時施工が勧められているんでしょう?

こちらの画像を見て頂くと分かりやすいですが、「RECS」の方が洗浄出来る範囲が広いですが「燃焼室」「インジェクター」「吸気バルブ」の部分が両商品の洗浄範囲として共通しています。

RECSとフューエルワンの違い

この洗浄範囲が共通している部分に対して、「RECS」施工後に「フューエルワン」を使用すると「RECS」では落としきれなかった頑固な汚れを「フューエルワン」が落としてくれる!
だから同時施工が推奨されているわけですね。

最後に

今回は、ワコーズのRECSをご紹介させて頂きました。
燃費の低下や、レスポンスの低下、エンジン音の増加が気になっている方は「フューエルワン」と合わせてお試し頂ければと思います。

色々な要因でこの様な症状が出るので、もちろん「RECS」を施工したからといって全ての車が改善する訳ではないですが、大切なお車を長く良い状態で乗り続けるには外装だけではなく、内部の大掃除も必要なのではないか?と思い、この度「RECS」と「フューエルワン」の取り扱いを決めました。
バラすことなく、簡単に内部の大掃除をしたい方は是非ご検討下さい。

それでは、今後共AlShineParkを宜しくお願い致します。

埼玉でワコーズのRECSをお探しの方は是非当店にお任せくださいませ。
RECS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

営業時間: 10時〜19時
080-8819-0909

おすすめ記事

  1. 耳なしクロス
  2. 車に付いた鳥の糞の取り方
  3. ホンダn-boxスケール除去
  4. レクサスLS460スケール除去メンテナンス
  5. 車好き必見!! 自動車ニュースサイト5選